創業物語 | まんぷくむすび | 人気のおにぎり・おむすびの24時間配達・デリバリー

まんぷくむすび創業物語

 

ストーリー

2005年の創業時から健康を伝えられる飲食事業をするのが当社の夢でした。
おむすび事業「ゑびすむすび」が2009年6月に恵比寿駒沢通り沿いにオープンできた時は
たくさんの試行錯誤と苦労の連続がありましたので、この上ない喜びと達成感でいっぱいでした。

「一人でも多くの人の健康の役に立ちたい。」という思いだけでいましたから
専門的な知識や調理技術のない私たちには無謀な挑戦だったのかもしれません。
健康食事業といっても一体何をやったらよいのかさえ明確になっていなかったですから・・・

誰でも作ることができて、誰でも食べたことがあって、いつでもどこでも食べることができて、
美味しくて飽きない健康的な食べものってなんだろう…

ある時、コンビニから出て来る人を何気なく見ていると、
ほとんどの人がおにぎりを1つか2つ買って出てきたのを見て、
「これだ!」と思いました。

思い立ったら吉日、すぐに仲間を集め伝えました。
「当社の健康食事業はおにぎりにしたい!」
スタッフ全員は「ハイ」と元気に快諾してくれました。

早速、懇意にしていた社長が都内で職人技として有名なおむすび屋の暖簾を分けてもらっていたので
無理を承知で「おむすび屋を立ち上げたいので教えてください!」と頭を下げ頼み込みました。
快く修行させてもらうことになり、毎日何時間も働きながら学ばせていただきました。
(本当に有難く、あの時のことは今でも忘れません。本当に感謝しています。I社長有難うございました。)
そのお店だけでなく、違うおむすび屋さん数か所にもスタッフ数人でアルバイトとして入り修行させていただきました。

「おむすびは見かけよりも手間ひまがかかる、奥の深い食べ物だ。印象だけで適当な考え方でやってはいけない。」

ということがよく分かりました。

数か所のおむすび屋で培ったノウハウやそこで気づいた学びをスタッフと共に結び方からお米の種類、
お水、具材などすべてにおいて納得のいくものを練り上げました。
修行で半年、アイデア出しと出店準備で半年、約1年の長い時間を費やしました。
究極の健康おむすびは、「お水」「お米」「精米」「具材」「むすび方」の5つがバランスよく整っていること。
むすぶ人の「まごころ」も忘れてはなりません、とても重要です。

ゑびすむすび開業から約3年の間、たくさんの方々にご愛顧いただき、
たくさんのメディア(テレビ・雑誌・ネット)に取り上げていただきました。
順風満帆に見えますが、創業当初は高い地代や人件費が重くのしかかり開業3カ月で閉店の危機にまで陥りました。
その時に支えてくれたのが、「一人でも多くの人の健康に役立ちたい」という強い思いでした。

思い悩み苦しんでいたときにある本に出会い日本の商売の原点を知りました。
それは、「御用聞き」です。
24時間365日、いつでもどこでも美味しくて健康的なおむすびを届けよう、ということを思いつきました。
それからデリバリーの注文がたくさん日夜を問わず入りました。
おかげ様で経営も復活し店をつぶさずにすみました。
今あるのも、ご注文をいただいたたくさんのお客様と日夜を問わず一生懸命働いてくれた仲間のおかげです。

事業が軌道に乗り安定していた頃、おむすび屋をやる意味を改めて自分たちに問いました。
ちょうどそのころ「おにぎり」ではなく「おむすび」であることを知り、
おむすびの「三角形」に意味があること、それが日本の根本思想であることに驚愕しました。

「おムスビ」は、結び=和であり、平和と安定と発展を意味し、また、物事の始まりや創造のエネルギーという
意味の「産霊(むすび)」が込めてある。
おむすびには日本人が大切にしている和(平和・創造・発展)の思想が込められていたのです!

この思想を知ることができたことが、今もこれからも「おむすび事業をやる理由」、原動力となります。
おにぎりではなく「おむすび」はただの食べ物ではない、
人と人を結び「和」の精神が宿る、平和と繁栄と幸福を願う食べ物だ、だからやめてはいけない、
そういう思想を伝えることが、おむすび屋をやっている私たちの使命なんだ、という志を改めてもつことができました。

お客様の8割以上がデリバリーであったために2012年4月頃
思い切ってデリバリー専門店にスタイルを変え、同時に屋号も変えることを決めました。

「まんぷくむすび」

名前の由来は、「ぷ」という音霊に福に通じる波動(エネルギー)をもっていることから
「当店のおむすびをお腹いっぱい食べてくださり元気いっぱいになって福が満ちますように」
という願いを込めて名付けました。

おむすびは、日本人が古くから食べてきた伝統食であり、健康食でもあります。
「ギュッと」むすぶことで消化を遅らせる「難消化でんぷん」が増えると言われていますので
腹持ちも良いくなり、食べ過ぎを防ぐことができます。
また、冷めたまま食べることが健康食としてワンランク上の存在となるようです。
近年の研究でもごはんは冷めると「レジスタントスターチ」という繊維質が増えることが分かってますし、
不足しがちな「繊維質」を補える絶好の機会といえます。

・食べるだけで元気になる健康食
・いつでも、どこでも、誰でも、気軽に楽しく食べることができる日本の究極のファストフード
・日本の古くからの思想や文化を含んでいる崇高な食べ物

おむすびは、日本人が大切にしてきたもの「米」「和」「創造」すべてを含んでいます。
素晴らしい事業に出会えたことに心から感謝感動しています。

すべてを包含した「おむすび」をこれからもむすび続け、
人類の繁栄と平和と幸福に貢献したいと思います。

おむすびを食べて、
お腹いっぱいに健やかに、日本の思想を感じながら福が満ちてくる。
幸せなひとときを過ごしていただければ幸いです。

これからも1つ1つ心を込めてむすびます。
皆様が笑顔あふれる幸せな毎日を送れますように心よりお祈り申し上げます。

”食べるだけで元氣になるおむすび、届けます!”



2013年9月吉日
創業者 羽毛田 昌寛